編集後記  編集長のひとりごと  2016年3月

アクセスカウンター

 

 

トップページビリヤード教室の案内ビリヤード資料館の案内キュースポーツクラブ交流会のご案内リンクサイトのご案内

 

ホームページについて

お問い合わせ

スタッフ紹介

編集長のひとりごと

編集室便り

スタッフ登録

   

2016年

 3

   
  2016年3月7日(月)
   次女が家に戻ってくるので、一部屋あけることになった。掃除をしていると、イラストレーターとフォトショップのソフトが出てきた。
  ホームページの作成には、必要だ。去年、パソコンが壊れて、原版がどこにあるかわからず、その後インストールできなくなっていた。
昨日インストールをして、動作確認を行い、Copyright ロゴを2016年用に更新した。
  これで、またHPの編集が可能となるので、毎日とはいかなくても、更新は可能となった。
   
   今年から、主夫業となるので、家事のことをする。毎日の食事、洗濯をし、就農に向け、2年間豊田の就農育成プロジェクトに参加する。
  1年目は、講義と実習を、2年目は畑を与えられて野菜つくりをし、こいつは就農してもいいだろうと判断されれば、畑のあっせんをしてもらえるという。
   
 年金は、もらえるが家族の収入もあてにしないとやっていけない。
  私の農業経費と遊興費は自分で稼がないといけない。ビリヤードのレッスンは、減少にあり、協力店も閉店したので、一般のお店で、
  私のゲーム代も支払っているところである。閉店した協力店の再開のめどがないので、苦しいところである。
引き継いできてくれたレッスン生のレッスン料もそのままの値段である。私のゲーム代が毎回赤字になる。
   
   ゲーム代を減らすために90分のところを2時間にしてもらい、月4回の人は3回にしてもらっている。
  また、レッスンのある日は、続けて2レッスンを入れられる用にする。ゲーム代を払っているお店は、5時間まで一緒の値段である。
  このまま依然の協力店が再開しないようなら、料金を上げなければならない。対象が4人ほどいる。
   
   私の小遣い稼ぎは、人材センター請負の仕事で歩いても10分のところにあり、1日8000歩〜1万歩も歩くので、体重はこの8か月で8kgは、
  確実に減っている。81kgが73kgまで落ちた。
   
   畑もまた新しく借りて、今年は収入に持っていく。去年までは、レッスン生や近所、身内の者に持って行き、収入はなしである。
  今年は、商売に徹しよう!毎年何万円の赤字である。今年から出資の分は、回収しなければならない。
  今苗を作っている。